カテゴリ:動物( 12 )
動物王国
11/7

瞳が可愛いです♪

e0086212_183652.jpg



e0086212_1831689.jpg

by yukarin0513 | 2014-11-12 18:04 | 動物
愛しい子
メグが、小さなバスケットに入り我が家にやって来たのは
平成5年4月でした。


副腎皮質亢進症

脳下垂体か、副腎皮質へ腫瘍が出来たことにより症状があらわれてきます。

多食
・多飲多尿
・痒みのない左右対称の脱毛
・ビール腹
・免疫力の低下
・糖尿

などです。
先日、エコ-をかけて副腎をみましたが暴れて無理でした。
8時間かけて、採血、注射を繰り返す検査をすると
どちらに腫瘍が出来ているのかわかるそうです。
副腎ならば、外科治療になり切り取ることも出来るそうです。
ただし、80パ-セントは、脳下垂体の腫瘍だそうです。
脳下垂体ならば、お薬の投与となります。
そのお薬は、副作用が強く、嘔吐 下痢 昏睡などもあるようです

メグにとっては、さらにストレスの原因となり
私自身でさえ泣きそうな気持ちを押さえることが出来ません。。

このまま、そっと見守るか、お薬を投与するか。。。

綴りながら瞳に涙溢れます。。

e0086212_1485051.jpg

by yukarin0513 | 2008-04-21 14:08 | 動物
雨の日
今日も曇りで夕方はまた雨でした。

e0086212_18533714.jpg



e0086212_18534723.jpg


くつろいでいます~ 

e0086212_1854140.jpg




風おちて夕空紅く雲たなびけば
  髪なぜてみるただ何気なく
by yukarin0513 | 2006-12-14 18:58 | 動物
小さな命
e0086212_18521374.jpg


チャ-ルストン
e0086212_18522348.jpg



e0086212_18523892.jpg


アイビ-ゼラニュ-ム

e0086212_18543435.jpg


ひだまりに憩う

ミイが、子猫4匹と我が家にやって来て7年

この場所が好き

花を眺めて過ごす

限りある命を精一杯に生きる

愛しき命

抱きしめたいほどに・・・・
by yukarin0513 | 2006-12-06 18:59 | 動物
ただいま~
お出かけしてきましたので
アップが遅くなりました。

我が家のセンニチコウ
e0086212_7521381.jpg


浜松町、浜離宮 
コスモスがまだ咲いていました 
e0086212_7524870.jpg



e0086212_7525688.jpg


撮影会が開かれていました
e0086212_753185.jpg


和みのひととき
遠くからこっそり写させて頂きました
e0086212_7533197.jpg


帰ってくると、我が家のミイもくつろいでいました
左から、ルル むっく ちょこ ミイ
e0086212_7545453.jpg

by yukarin0513 | 2006-11-05 08:04 | 動物
我が家のミイ
e0086212_0522680.jpg


ミイの目線の先にヤモリの手が見えますか
見つけて、目をランランとさせていました~


公園を写してきました
春は桜で満開になります

e0086212_055386.jpg



e0086212_0551321.jpg


いつしか季節は移り行く

人は季節の中に

いろいろな気持ちを流して

また歩き始める

元気でいられることが

心からの喜び

緑の木々に渡る風が

一層、優しく感じる。。。。
by yukarin0513 | 2006-08-27 01:01 | 動物
今だから話せること
e0086212_11113917.jpg

赤い洋服のちょこの後がむっくです

2002年4月16日 むっくとの出会い

シ-ズ-犬 推定4~6歳。首輪もリ-ドも
つけたまま、保護されています。

保健所にも、申し出はありません。
おとなしく、吼えることもしません。
ものすごいノミです。毛をすべて刈ってしまわないと
皮膚病にもなっています。
という美容師さんの言葉に、切ってもらいました。

皮膚は、赤くただれ、かゆがります。

まだ一声も発しません
おとなしく、どこを触ってもいやがらず
ただ、たくさん食べさせてもらってなかったのか
いくらでも、フ-ドを欲しがり

しっぽを振り、お愛想をする姿を見て
思わず、目が熱くなりました。

おりこうに散歩もよく歩きます。
むっくを連れて、動物病院へ行ってきました。
皮膚病のために、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質、かゆみ止め
がでました。血尿も出ていました。

ノミに噛まれて、引っかき、それが化膿しています。
痒いので、床に体をこすりつけころげます。
見ていてたまらなくなります。

そして
ずっと、外での生活のようでした。
慢性膀胱炎とフィラリァ感染していました。フィラリァは、心臓に
寄生していますが、寿命は5年です。

少しの感染ならば、それ以上増やさないように
様子をみますが、すでに大量に感染している為
手術をしなければ、今年の薬は飲めないとのことでした。

フィラリァ予防薬を飲ませていないのに、外飼い...
感染も無理はありません。

犬を飼う最低のマナ-も守れていない飼い主だったと
思われます。

ため息と、怒りとを抱きながら、道すがら
何もわからず、首をかしげて、私を見るむっくが
あまりに不憫で、赤くただれた皮膚をなでました
つぶらな瞳がいじらしく、頭をなでる...
可愛い...トコトコ歩く姿が一層いとおしい...

あのまま、保健所へ行っていたら、今はもう
この世にいないはず。

小さな命、たったひとつの命、たとえ動物でも
かけがえのない命。

大切に思います。

見上げれば、青空。

遠くに電車の音、八重桜が満開、風が私たちを優しく包み

むっくとの時間が、穏やかに流れていきます..
この世に生を受け、飼う人によって犬もいろんな
形での過ごし方がありますね。

むっくが、手術によってもう少し生かされる寿命ならば
受け入れてあげよう...

そう思う、雨上がりの午後
パンジ-の花びらは、雫で重たげ。

金木犀の柔らかい新芽が、むっくとの出会いの季節となりました

******************************
むっくは、警察で保護されていました。
美容院ですべての毛を切ってもらったとき
オ-ナ-さんがあまりに不憫で、白いバスタオルを敷いてくれました
むっくは、小躍りして喜んだそうです。。
そんなことをしてもらったことさえないようでした。。。

むっくのお話には
実は追加がありました。

フィラリァ手術をする直前に飼い主が見つかったのです
私は、警察の方と一緒に来られた飼い主の方へ
泣きながら頼みました。
私にこの子を下さいと。。
どうしてフィラリァの御薬を飲ませなかったのでしょうか
外で飼えば、必ず感染しますといいました。
もうこの夏は越せないと思います。
我が家には,15歳のシ-ズ-れおがいます

必ず、それまで長生きさせます
どうか、私にこの子を下さいと抱きしめました。。

初老の御夫婦は、もう保健所で処分されていたと思っていそうです。

そして、泣いて別れを惜しみました。

私も泣いていました。

むっくを救うのには、これしかない

これからの治療、心のよりどころ、なにもかも包みこんで
育てていこう
そう思いました。

むっくは6歳でやってきて、10歳になりました。

吼えたことは数回しかありません。

穏かな子 むっくは、我が家で一番おとなしい子です
by yukarin0513 | 2006-08-03 17:40 | 動物
お留守番
お留守番だ~

e0086212_19444754.jpg


つまんない~

e0086212_1945279.jpg


眠くなったよぅ

e0086212_19451621.jpg



すやすや~

e0086212_19454061.jpg


春の日差しは優しくて
梅の香りが漂う境内です

e0086212_19455328.jpg



e0086212_1952317.jpg

by yukarin0513 | 2006-03-07 19:51 | 動物
ひととき
e0086212_1184233.jpg



昨日、紅梅を撮っている時に寄って来た猫ちゃん

e0086212_1191198.jpg


昨日の朝の御散歩

ちょこ、むっく、ルル

e0086212_11135976.jpg


ただいまぁ

ミイは、ここで待っています

e0086212_1115798.jpg



昨日の夕方のお散歩

e0086212_11113917.jpg



春色の風

やがて木々はそよぎ、花は揺れて
柔らかな風が吹いて来る

緑に囲まれて
緑色の風になる

小さな命の詩
明日の風、いつまでも届けて欲しい


花の色
花のささやき
花のつぶやき

今日の日も
花に酔う

花はすべての色
こころの色

そんなものを知っている
by yukarin0513 | 2006-03-01 11:26 | 動物
ひととき
お散歩で見かけた子

e0086212_1816255.jpg



e0086212_18144912.jpg



e0086212_18161679.jpg



今日の夕方、みんな揃ってお散歩です
左から、メグ、ルル、ちょこ、ラプ、むっくです

e0086212_18171299.jpg


だたいまぁぁ 帰って来ました~

e0086212_18231688.jpg


和みの時

小さな命の育み

たったひとつの小さな命

春の風を待つ

いつもの散歩道で
by yukarin0513 | 2006-02-24 18:22 | 動物