<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
日本丸
日本丸(にっぽんまる)は、日本の航海練習船で大型練習帆船。
1930年(昭和5年)に進水した初代の日本丸は
約半世紀にわたり活躍し、1984年(昭和59年)に引退した。
航海練習船としての役割は日本丸II世が引き継いだ。姉妹船として海王丸がある。

玉野市、宇野港へ日本丸がやって来ました。
5/29撮影です。

e0086212_14261117.jpg



e0086212_14262482.jpg



e0086212_14263760.jpg



e0086212_14265044.jpg



e0086212_1458335.jpg

by yukarin0513 | 2010-05-31 14:28 |
薔薇公園にて
e0086212_1614088.jpg




e0086212_16142763.jpg



e0086212_16144618.jpg



e0086212_16145939.jpg


5/27薔薇公園にて。
晴れていても気温が低いですね
風邪を引かないで下さいね
by yukarin0513 | 2010-05-28 16:18 | 薔薇
こぼれ画像
e0086212_0463987.jpg



e0086212_0465392.jpg



e0086212_0471116.jpg



e0086212_0474242.jpg


気温差がありますね
体調管理して下さいね
by yukarin0513 | 2010-05-27 00:50 |
風、香る
5/21撮影
今年は、いつもの年より薔薇が遅いです。
つる薔薇、アンジェラも満開はもう少し先です。

畑に姉から貰った皇帝ダリアを植えました。
3本とも元気です。秋が楽しみです。

e0086212_154549.jpg



e0086212_155963.jpg



e0086212_1552239.jpg



e0086212_1553683.jpg



e0086212_1555050.jpg

by yukarin0513 | 2010-05-22 02:02 | my garden
吉浜菅原神社
e0086212_0365482.jpg



e0086212_037740.jpg



e0086212_0372055.jpg



e0086212_0373357.jpg



吉浜地区は元は干潟であったが、寛文元年(1661)に福山藩水野氏により干拓され陸地となった。
当初干拓地を近隣の村へ配分しようとしたが葦(よし)が生い茂る悪地であったため農民の猛反対を受け、
やむなく一村として独立させた。
葦が生い茂っている浜ということで「よしはま」と名付けられたと言われる。 
 菅原神社はこの干拓に伴って生まれた吉浜村の氏神として水野勝慶が創建したと伝えられ、
神体の菅原道真小像の台座に延宝3年(1675)の銘があり、この頃の創建と思われる。
現在の本殿は創建当時のものと伝えられ、
江戸時代初期の様式をよく伝えている。 
 参道の池には明治20年に地元の石工佐藤豊吉が築造した
県下では例を見ないアーチ式の石橋(眼鏡橋)がかかり、
5月上旬から中旬にかけて咲き乱れる数千株のカキツバタとよくマッチし、多くの参拝客を集める。
by yukarin0513 | 2010-05-18 00:41 | 風景
ニワゼキショウ(庭石菖) 
e0086212_1324167.jpg



e0086212_13242922.jpg



芝生の中や道ばたにあり,6 月下旬から 7 月上旬くらいに直径 5 ミリメートルくらいの
小さな 6 弁の花をつけます。
庭に生える“石菖”の意。
実はこれ,“菖”の字からもわかるでしょうが,アヤメ科なのです。
花は一日でしぼんでしまいます。
白い花が咲くものと紫の花が咲くものがあります。
by yukarin0513 | 2010-05-10 13:25 | 野に咲く花
ふるさと風景
e0086212_9303662.jpg



e0086212_930559.jpg



e0086212_9311318.jpg


連休は、大分へ帰省して来ました。
どこも混雑していましたが、快晴で楽しい旅でした。

親戚10人が集まり、別府へ一泊しました。
母の喜ぶ顔がとても嬉しかったです。

3枚目の画像は
九重”夢”大吊橋

標高777mのつり橋から広がるのは360°の大パノラマ
全長390m、高さ173m、歩行者専用としては日本一を誇るつり橋

高いところがダメな私は、渡ることが出来ませんでした~
by yukarin0513 | 2010-05-07 09:33 | ふるさと風景