<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
干拓地のポピ-
5/30

6月4日以降は、刈り込みするということなのでもう一度行って来ました。
夏には、またヒマワリが咲くようです。

e0086212_12333353.jpg



e0086212_12334558.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-31 12:35 |
流し撮り
5/28

e0086212_13465411.jpg



e0086212_134757.jpg



e0086212_13471531.jpg


線路近くの廃屋
e0086212_13472993.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-29 13:49 | 乗り物
蒼い宝石
5/24

e0086212_10335833.jpg



e0086212_11513416.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-25 10:34 | 小さな生き物
薔薇公園
5/22 同じ薔薇公園にて

e0086212_845222.jpg



e0086212_845343.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-24 08:46 | 薔薇
薔薇公園
5/22 薔薇公園へ行って来ました。

マチルダ
e0086212_0404987.jpg



e0086212_0405912.jpg



e0086212_04110100.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-23 00:41 | 薔薇
山陽本線
4/27 撮影

e0086212_735229.jpg



e0086212_7351252.jpg



皐月の空が綺麗です
一番爽やかな季節ですね~
by yukarin0513 | 2012-05-22 07:38 | 乗り物
新緑の倉敷

5/16 新緑がとても綺麗でした

e0086212_15122525.jpg



e0086212_15123788.jpg



e0086212_15124667.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-17 15:14 | 倉敷
癒しタイム
携帯電話にて撮影 タロちゃん
e0086212_9271143.jpg


蘭ちゃん 15歳
e0086212_9273771.jpg


スマイル健在
e0086212_9275286.jpg


お休みタイム
e0086212_9282475.jpg


仲良し組
e0086212_9283430.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-16 09:31 | 小さな家族
本日快晴
5/11

e0086212_18342036.jpg



e0086212_18343133.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-14 18:42 | 風景
むっくとの出会いと別れ
2002年4月16日 むっくとの出会い

シ-ズ-犬 推定4~6歳。首輪もリ-ドも
つけたまま、保護されています。

保健所にも、申し出はありません。
おとなしく、吼えることもしません。
ものすごいノミです。毛をすべて刈ってしまわないと
皮膚病にもなっています。
美容師さんの言葉に、切ってもらいました。

皮膚は、赤くただれ、痒がります。

まだ一声も発しません
おとなしく、どこを触ってもいやがらず
ただ、たくさん食べさせてもらってなかったのか
いくらでも、フ-ドを欲しがり

しっぽを振り、お愛想をする姿を見て
思わず、目が熱くなりました。

お利口に散歩もよく歩きます。
むっくを連れて、動物病院へ行ってきました。
皮膚病のために、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質、痒み止めが出ました。

ノミに噛まれて、引っかき、それが化膿しています。
痒いので、床に体をこすりつけ転げます。
見ていてたまらなくなります。

ずっと、外での生活のようでした。
フィラリァ感染していました。フィラリァは、心臓に
寄生していますが、虫の寿命は5年です。

少しの感染ならば、それ以上増やさないように
様子をみますが、すでに大量に感染している為
手術をしなければ、今年の薬は飲めないとのことでした。

ため息と、怒りとを抱きながら、道すがら
何もわからず、首をかしげて、私を見るむっくが
あまりに不憫で、赤くただれた皮膚をなでました
つぶらな瞳がいじらしく、頭をなでる...
可愛い...トコトコ歩く姿が一層いとおしい...

あのまま、保健所へ行っていたら、今はもう
この世にいないはず。

小さな命、たったひとつの命、たとえ動物でも
かけがえのない命。
大切に思います。

見上げれば、青空。

遠くに電車の音、八重桜が満開、風が私たちを優しく包み

むっくとの時間が、穏やかに流れていきます..
この世に生を受け、飼う人によって犬もいろんな
形での過ごし方がありますね。

むっくが、手術によってもう少し生かされる寿命ならば
受け入れてあげよう...

そう思う、雨上がりの午後
パンジ-の花びらは、雫で重たげ。

金木犀の柔らかい新芽が、むっくとの出会いの季節となりました

***********
この出会いから10年が過ぎました。
5/5は、お客様があり忙しくしていましたが、むっくはおとなしくいつもの生活でした。
5/7夕方から呼吸が少し荒くなり8日は、病院へ行きました。
肺に水が溜まっているということで利尿剤を飲ませました。
9日は、日中はいつものようでしたが夕方から息が荒くなり、21時に苦しむことなく
ラブ君の所へと旅立ちました。

5/9 21時は、一年前に亡くなったルルちゃんとまったく同じ日、同じ時間でした。

左がむっく ラブ君といつも一緒でした。
e0086212_16132023.jpg

by yukarin0513 | 2012-05-10 16:14 | 小さな家族