木の葉
e0086212_17142067.gif



木の葉を眺めて、季節の流れを追う



e0086212_1715190.gif


過ぎた日に貰った言葉
重ねた指と指


e0086212_17162474.gif


やがて、木の葉は散る

はらはらと

季節の想いを
思い出を込めて

さらさらと散る
# by yukarin0513 | 2005-10-25 17:18
花の命
e0086212_18382397.gif



秋の風は爽やかに吹いて

私の頬をなぜていく

花は,最後の花びらを震わせて咲く

散りたくない気持ちを秘めて

精一杯に咲く

季節の移ろいの中で

花の命の儚さ、そっと思ってみる
# by yukarin0513 | 2005-10-24 18:41
夕日

e0086212_1711452.gif



暮れてゆく空は

懐かしい思いと、思い出の色

何度眺めても同じ夕日はない

過ぎて来た日々も人それぞれ

過去の自分は

今の自分の積み重ね

眺める夕日に、温かさが増してくる
# by yukarin0513 | 2005-10-23 17:13
つぶやき
e0086212_20124946.gif


丘に野の花が咲き乱れ

秋は、ゆるゆかに過ぎて行く

ひとつの季節の終り

過ぎてゆく、ひとつひとつの季節を追い駆けはしないけれど

それでも、思い出の言葉

思い出の日々は

心に織り込んで

野の花に託して

巡る季節がゆるやかでありますようにと

そっと、願い事をつぶやいてみる
# by yukarin0513 | 2005-10-22 20:22
実り
e0086212_1952517.gif


秋の日の実り

鳥たちへも優しい実り

いつの日も,忘れずに季節巡れば

この温かな実り

太陽と雨

大地からの恵み

甘さ、広がります
# by yukarin0513 | 2005-10-21 19:05
憩いのひととき


e0086212_0174618.gif


花びらが舞うような、かすかな心の音

私の音色

ふいに廻りの空気がざわめいて

季節の扉が開いて行く

揺れる花と一緒に送ります

私の音色

うつむけば

心の音、揺れています

********************
いつもの散歩道で見つけました。
小さな命の、小さな憩いの秋です
# by yukarin0513 | 2005-10-20 15:02
薔薇のように

e0086212_1827465.gif

華やかに咲いてみたいとは思わないけれど

心、晴れやかでいたい

心、ゆっくりでいたい

もう、急いで坂道を登らなくてもいい

ゆっくりと、ゆっくりと

踏みしめて歩けばいいのだから・・・・

毎日,少しずつ・・・
# by yukarin0513 | 2005-10-19 18:28
蘭との日々
e0086212_14442937.gif


平成10年5月のこと。
銀行へ行く途中、ゴミ収集の
場所に野良犬がいた。痩せて、怪我もしているよう..

もうすぐ15時だったので、急いで用事を済ませて
様子を見ると、やはりいる。
ス-パ-で、チ-ズを買ってきて与えた。
手を噛みつくように、食べた。よほどお腹が空いて
いたらしい。さらに、パンを買ってきた。

近くのお店で水をもらった。お店の人に首輪とリ-ドを
買ってくる間、見ててもらうことにした。
ドアを出ようとすると、追っかけてくる。

急いで飼ってきて、そのまま車で、美容院へ行った。
耳の中にいっぱいダニがいたらしい。
こんなおとなしい子、見たことないですよ。
洗ってくださった方の言葉に安心する。

その夜は、裏庭のテラスの下で眠った、蘭。
布リ-ドはちぎってしまっていたのに、逃げずにちゃっんと朝もいた。

そして、病院での診察は生後7ヶ月位とのこと。
逆算すると、冬に生まれた子だから、フィラリァの
心配がないので、ほっとした。

それから2週間...車で1時間くらいのAさんの家に
養女にいきました。もらわれた次の日、猫がフ-ドを
食べなくなったので、お返ししますとの電話あり。
迎えに行った、帰りの車の中で、蘭が初めてなきました。

ワンッ...Aさんのお話では、私の姿が見えなくなると、ずいぶん捜したのだとか...。
蘭の声を初めて聞いて、決心しました。
我が家の子にしよう。もう離さない。
2週間、一声も発しなかった蘭....愛しいと思いました。

さて、それからの蘭の様子は、
連れて帰ったその日に、ホ-ムセンタ-へ走り、
ハウスを買ってきた。ゆったりがいいと、少し大きめを
買った。そのとき、蘭は11キロだった。
栄養失調だった....。怪我をしていると思った傷は
アカラスという皮膚病だった。通称ニキビダニ。
直りにくいらしい。
アカラスが完治したというお友達の紹介で、遠くの
病院まで行くことになった。その治療とは、牛の
フィラリアの薬を、スポイトで2滴毎日30日飲ませる
ということだった。薬が大丈夫なのかと3日位、考えた。
顔、足の周りに3箇所くらい、はげていた。
そこがアカラスだった。薬を飲ませて、30日うっすら
毛が見えてきた。栄養がつくと同時に、どんどん毛づや
もよくなった。6ヶ月後18キロになった。

シェルティの顔だち、ベ-ジュがはっきりしてきて、
首の周りとしっぽの先は白。すっかり、可愛い女の子になったのでした。

それからずっと、私と毎日2回、お散歩へ行っています。
# by yukarin0513 | 2005-10-18 15:13