2011年 07月 06日 ( 1 )
はかなくも美しく
7/6撮影 マチルダ

e0086212_17142865.jpg



e0086212_17144851.jpg



e0086212_1715565.jpg


小暑(しょうしょ)  7月7日(2011)

二十四節気の一つ。夏至から15日目頃。
太陽の黄経が105度の時。旧暦六月の節。
暑さが次第に増す頃という意味。

暑中見舞い

「暑中」とは夏の暑い間のことですが、
特に土用の18日間をいいます。
夏の土用とは、小暑から13日目の20日頃から
立秋の前日8月7日頃までのことです。

この期間に「暑中見舞い」を出します。
「暑中見舞い」とは、季節の挨拶状です。
暑さが厳しい時期に、相手の健康を気遣う
(見舞う)のが目的です。
加えてこちらの近況を簡単に報告します。

冬の年賀状や寒中見舞いと同様に、普段疎遠に
なっている人同士が、親交を深める機会となります。
立秋を過ぎて出す時は「残暑見舞い」とします。
by yukarin0513 | 2011-07-06 17:20 | 薔薇